【お知らせ】 容量不足のため21年10月からケン坊のダラッと日記 part.2へと続きます。

2009年06月19日

【DVD】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ






 非常にインパクトのあるタイトルとジャケットである。
内容も兄妹間ギクシャクしたブラックユーモアタップリの作品です。

特にサトエリのエゴ丸出しの嫌なヤツ役は意外にもマッチしてます。
アイドルフェイスに悪役?っつーギャップがいいね。

こんなギスギスした家族関係を延々と見せられる訳ではなく、ガス抜きに重要な役をしているのが兄嫁役の永作博美。
この我慢強くかつユーモラスな演技で作品全体に微妙なバランスをとっています。

 基本は姉が妹をイジめるのが本線ですが最後の最後にどんでん返し(っつ〜か途中でなんとなく分かりますがね)の復讐がありスッキリ終わるように仕向けられています。

まぁ、なんども観たいっていう感じではなかったな。
ボクは1回見ればいい程度の印象です。

豪華キャストですので1度ご覧あれ。
posted by ケン坊 at 22:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

レンタルCGI


全部見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。