【お知らせ】 容量不足のため21年10月からケン坊のダラッと日記 part.2へと続きます。

2009年08月24日

21.8.23DDT両国観戦D

残り3試合はパパッとしちゃいます。

■第6試合(60分1本勝負)
○蝶野正洋
(17分13秒 KO)
●ポイズン澤田JULIE

CIMG3551.JPG ポイズンが入場してきたとき一瞬、戦隊モノ主題歌を歌う宮内タカユキ兄貴かと思った。
 スタミナ、一発の重さなどが違いますな。
セコンドの平澤と蛇影がなぜか乱闘するし〜。
新日絡みはすぐセコンドが殺伐とするんだもん。
やってる選手がかわいそう。
 最後はポイズンの頑張りに蝶野が呪文にかかり、雪崩式のブレーンバスターをかけたポイズンが立ち上がれずKO負け。

■第7試合KO-Dタッグ4WAY(∞1本勝負)
○ヤス・ウラノ、KUDO
(23分 首固め)
●PIZAみちのく、フランチェスコ・ドーゴー
※のこり2チームはMIKAMI&葛西、ケニー&マイク

CIMG3557.JPG CIMG3561.JPG CIMG3567.JPG

 こりゃ分かりにくいなぁ〜って思っていたら試合をできるのは2人。
誰とタッチしてもいいルールで負けたチームから退場する。
これなら観やすいし、分かりやすい。
 葛西選手もZERO-ONEでやっていただけに凶器のないレスリングもしっかり対応していけるんだよね。
最後はジンバブエ代表(本多談)のウラノとKUDOが30代王者に。

ちなみに次期挑戦者はこの二人。
CIMG3570.JPG
▲大人気ないアラフォーコンビ



■メイン KO-D無差別級(∞1本勝負)
○飯伏幸太
(25分29秒 フェニックス・プレックス・ホールド)
●HARASHIMA

CIMG3573.JPG
 
CIMG3576.JPG
 
CIMG3579.JPG


これはいい試合でしたね。
読み合いになるとHARASIMA有利。
感情むき出しの意地の張り合いなら飯伏。
HARASHIMAの冷静さをどう突き破るかが焦点だったのかな。
だから最後は彼の読みを越える新技で勝ったのだと思います。

CIMG3581.JPG
▲第29代王者誕生!



 そしてリアルタイムなのか何なのか分からないエンドロールの最後にこんなサプライズが!

CIMG3582.JPG


来年も観戦しよ〜っとるんるんるんるんるんるん
posted by ケン坊 at 17:47| 千葉 ☁| Comment(0) | プロレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

レンタルCGI


全部見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。