【お知らせ】 容量不足のため21年10月からケン坊のダラッと日記 part.2へと続きます。

2006年08月05日

ボクシング疑惑判定 その後

 相変わらず亀田叩きが続いていますね。

でも少しではありますが先日ボクが書いたような評価も聞かれはじめました。

今朝テレビで元王者の鬼塚勝也さんが判定について分かりやすく解説してくれていました。

要約すると

判定とは1ラウンドずつ区切って優劣をつける。

いまの批判は全体の流れで「おかしい」と言っている。

 なるほど、極端にいえば全12Rで過半数のラウンドで優勢ならばいいのである。

亀田の場合、明らかに劣性だったのは1・11・12Rだろう。

それ以外のラウンドである程度ポイントを積んでいれば勝つこともありえるワケだ。

 う〜ん、奥が深い(-"-)

そういや負けたランダエタ選手へ母国・ベネズエラの日本大使館に称賛のメッセージが大量に送られているらしい。


 日本のファンはサッカーと違い格闘技に対して最も成熟した国であり、公平だと思います。

日本のファンを甘くみるからこんな問題になるんだよね。

再戦を望みますぅ。
posted by ケン坊 at 18:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21966124

この記事へのトラックバック
レンタルCGI


全部見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。