【お知らせ】 容量不足のため21年10月からケン坊のダラッと日記 part.2へと続きます。

2006年08月25日

冥王星リストラされる

 いや〜残念でしたね。

会社でいえば冥王星は「正社員だと思ったら実は契約社員でした」といったところか。

 もともと天体に興味のあるボクはネットやテレビで勉強しましたよ(笑)


冥王星の日本名の由来:冥土のように果てしなく遠いから。

嘘のようなホントの話。

もしその外の2003UB315とかなんとかいう星が惑星とみなされたらどんな名前が付いていたのだろう(≧m≦)。


 冥王星には1/2ほどの大きさの衛星カロンという星がある。

今回、もしかしたら惑星になったかも知れない星の一つです。

冥王星の重力が弱いため、こんな大きな衛星があるそうだ。

重心も2つの星の間にあるようで双子の惑星ともいわれていたんですと。

そんなこと銀河鉄道999でやってかったから知らなかったよ(;¬_¬)

あの大きさで5,4日で冥王星を一周するのだから、冥王星じゃあ皆既日食は日常茶飯事なんでしょう、と想像しちゃいました。


 そんでもって冥王星のはっきりした写真ってないのね。

てっきりボイジャーが記念撮影して行ってるのかと思ったよ。

写真がないから詳しいことはよくわかってないみたいですね。

アメリカでは今年、冥王星の探査機を打ち上げたらしいのですが、冥王星に着く頃には惑星だったことを知らない人のほうが多くなっているんじゃないかぇ?


 それからテレビで「占いに影響がでるんでなかろ〜か」なんぞゆ〜てましたな。

しかし星がなくなったり人工的に軌道や形を変えられた訳じゃないから大丈夫でしょう。

ま、細木数子の占いがバンバン当たりだしたら、影響があったんだなぁ〜って思うよ。


やっぱ天体って面白いッス☆☆彡
posted by ケン坊 at 23:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22814138

この記事へのトラックバック
レンタルCGI


全部見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。