【お知らせ】 容量不足のため21年10月からケン坊のダラッと日記 part.2へと続きます。

2009年08月26日

【映画】南極料理人

千葉で時間つぶしに観た映画。
ホントはハリポタが観たかったけど時間が合うのが、南極料理人かアニメしかない。

あまり乗り気ではないけど自動的に決まった。


この映画、以前に番宣を見ていたのでファミリー映画だとは知っていた。
だからハズレはないし気楽に観れるよね。


内容は読んでの通り、そのまんま。

南極の昭和基地より過酷なばい菌も死ぬ標高3800mの基地が舞台。

そこで8人の観測隊の暮らしを分かりやすくて面白く描いている。

隊長役がきたろうですからね、そりゃ楽しいでしょ。

料理人ゆーてもずっと料理がメインでもない。
でもね、昼ご飯時に観たから腹減りますよぉ。
絶対ラーメン食べたくなるからね。

赴任から帰国までの生活を南極の知識と回想シーンなどをちょくちょく入れながら物語は進んでいきます。

家族や仲間の絆を考えさせる良い映画ですよ。


撮影場所は北海道。
でも南極っぽいんだよ。
360度雪景色で他になにもない。

見るからに南極っぽいんだよね。

暑さしのぎにぜひご家族で見に行かれてはどうでしゃろ。(´∀`)
posted by ケン坊 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

【DVD】暗いところで待ち合わせ



いやぁ、田中麗奈の演技力の素晴らしさ全開の作品「暗いところで待ち合わせ」です。

盲目の少女の家に殺人事件の疑いのある男がそぉ〜っと侵入し潜伏する話。
目が見えないわけだから気配を感じても確証がない、っつ〜か途中からは知っていて様子を伺っている感じでしたね。
ストーリーも面白い事ながら佐藤浩市の嫌な上司役、田中麗奈の盲目の演技はホント素晴らしいの一言。
ラストもきれいにまとめていて納得のエンディングです。

この映画はかなり面白かったデス。
posted by ケン坊 at 18:33| 千葉 ☔| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

【DVD】腑抜けども、悲しみの愛を見せろ






 非常にインパクトのあるタイトルとジャケットである。
内容も兄妹間ギクシャクしたブラックユーモアタップリの作品です。

特にサトエリのエゴ丸出しの嫌なヤツ役は意外にもマッチしてます。
アイドルフェイスに悪役?っつーギャップがいいね。

こんなギスギスした家族関係を延々と見せられる訳ではなく、ガス抜きに重要な役をしているのが兄嫁役の永作博美。
この我慢強くかつユーモラスな演技で作品全体に微妙なバランスをとっています。

 基本は姉が妹をイジめるのが本線ですが最後の最後にどんでん返し(っつ〜か途中でなんとなく分かりますがね)の復讐がありスッキリ終わるように仕向けられています。

まぁ、なんども観たいっていう感じではなかったな。
ボクは1回見ればいい程度の印象です。

豪華キャストですので1度ご覧あれ。
posted by ケン坊 at 22:50| 千葉 ☁| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

【DVD】秘書課ドロップ




 これは面白いッス。
久々に笑わせていただきました。

秘書課 ドロップ ~秘密の花園、第二秘書課~」と「秘書課 ドロップ ~美しき愛の砦~」です。

 まずシチュエーションからして面白い。
若手社員の男(後台)が常務の密命を受けて秘書二課に配属。
そこは女性ばかりの職場で、その中のヒロインが男性アレルギー(笑)
男の人と肌を触れるとクシャミがでる、でもこの後台にだけは発症しないのがキャラ付け。

 基本線は会社乗っ取りを計画する常務と守ろうとする秘書二課の戦い。
そこのふんだんのお色気と恋愛を味付けした非常にコミカルでバランスの良い作品に仕上がっています。
 とくにホームレス役のホリケン。さんがイイ味出してるんですよねぇ。

この作品って人気マンガを実写化したんでしょ。
そりゃ面白いわけだな。

思わずこの紹介したDVD買ってしまいました(爆)
posted by ケン坊 at 20:25| 千葉 ☀| Comment(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

【DVD】ガチ☆ボーイ



 学生プロレスを題材にした映画『ガチ☆ボーイ

 プロレスの予定調和をやんわり教えていますし、レスラーの苦しい呼吸法が蝶野のマネって・・・オイオイ!(笑)
プロレスの面白い部分を押えているので楽しいですね。

製作当時流行っていたスポコンものと記憶障害ものをミックスしてます。
ストーリーはリンク先を見てもらうこととして、プロレスファン的なものを。

この作品、みちのくプロレスが協力しています。
フジタ”Jr”ハヤト選手、出番が多い割には全くセリフナシ。
ある意味スゴイ。

スゴイといえば、野橋真実選手。
椅子と試合してます。
この野橋選手が演技指導をしているらしい。

そいや、キメポーズがデルフィンに似ていたような。。。

プロレスを知らない人も笑えて泣けるいい作品です。
ご覧あれ

posted by ケン坊 at 23:49| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

【DVD】犬と私の10の約束




 久々に感動する作品に出会えました。

犬と私の10の約束」です。

 作品の内容はリンク先をご覧ください。
いや〜、ほんとね、泣けますよ。

飼い始めは子犬でも成長し、いつのまにやら自分の歳を越えて老いていく姿は寂しさを感じます。

また長い間飼っていくと邪魔な存在に扱ってしまう時期なんてーのがあるんですかね、環境の変化による人間の身勝手な部分も描かれています。

最後の息をひきとっていく場面は感動ものです。

正直、ヒロインの恋愛ストーリーはいらんと思いましたヨ。

ボクも飼っていた鳥を思い出してしまいました。

ぜひ見てください。
こういう映画もいいもんですよ。
posted by ケン坊 at 15:37| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

【DVD】転校生 さよならあなた



 久しぶりに映画の紹介です。
転校生 さよなら あなた

これねぇ、27年位前に小林聡美主演で流行った「転校生 」の新作ですね。
小林聡美の時は着替えシーンが話題になりましたっけ。


 今回の作品も男(カズオ)と女(カズミ)の心と体が入れ替わる基本路線は同じ。
ただストーリーは変わりまして、カズミの体のほうが余命いくばくの重病に陥ります。

つまり、心がカズオのままカズミは死んでしまってカズオの体で自分が生き残るのか、元の体に戻って自分の天命を全うするのか。(あ〜説明がややこしい〜)
非常に難しいテーマに取り組んでいます。
恋人のためなら自分は死ねる、意味を発見するんでしょうか。

 監督は前回同様、大林宣彦さん。
時をかける少女などを手がけた名監督です。
この映画もどことなく80年代の雰囲気がありますね。

ただ、カズミを脱がせすぎかと・・・・。
昔と比べて今はヌーブラがありますから、センセーショナルにはならんでしょう。
こう書くと違う意味に捉えられそうですが、民宿で自分の肉体に別れを告げる2人のシーン以外は脱ぐ必要がないように思えたからです。
私的意見ですけどね。

 主演のカズミ役は蓮佛美沙子。「れんぶつみさこ」と読みます。
初見でしたけど度胸のある感じの演技ですねぇ。これからの人なんでしょう。
 カズオ役は森田直幸。こちらは女性の心役が非常に上手だったと思います。意外とね、男が女っぽく演技するのって難しいのよね。
よく演じたナァ。

 懐かしさのある青春映画、軽めなので疲れていても考えずに軽い気持ちで観られます。DVDで是非ご覧ください。
posted by ケン坊 at 22:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

【DVD】ドラゴンフライ




室井佑月原作、星野亜季(ほしのあき)主演
ドラゴンフライ
でございます。

ものすごく簡単に書きますと
 男に捨てられ、しかもその男の新恋人が男だった。ショックに陥った主人公が見返してやろうと、銀座の高級クラブで働き始める物語です。
ヘルプながらメキメキ頭角をあらわし・・・

業界の事情やカラクリがわかりますねぇ。
ほしのあきの作品を見るのって「けっこう仮面 SURPRISE 」以来です。
今回の役どころはハマってますねぇ。

原作者の室井佑月さんも本人役で堂々と出演しています。

一度はこ〜ゆ〜店に行ってみたいっ(笑)
posted by ケン坊 at 20:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

【DVD】妄想少女オタク系



今回紹介する作品は「妄想少女オタク系」です。

なんも知らないで借りたDVDなんですけど、僕の全く知らない世界でしたね。っつ〜か34歳のオッサンが踏み入れていい領域だったのかナァわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

「腐女子」という言葉は知っていたけど意味までは知らなかった。
美少年のボーイズラブ(簡単に言えばホモ)に興味があり、妄想を楽しむ人とボクは理解しました。違うかもしれないけど。

この作品、少女コミック?を実写化したもの。
ということは人気作なんでしょう。

ストーリーは面白いですよ。

腐女子に恋するフツーの男の子。
しかし彼女の中では、この男の子と親友のモテ男くんが交際していると勘違いし、妄想を広めていく。
だから彼の想いは伝わらず、変なうわさが広がっていく。

一体彼はそれでも交際できるのでしょうか。

フツーの恋愛モノよりこういう題材を使う発想が全然面白い。
笑えるし、見てて疲れないもん。

これは純愛青春ストーリーですね、一応。

余談ですが英語の時間の先生の音読が非常にツボでした。爆笑。
某英会話のCMのような発音なんだもん。


 出演者、ここまで若手になると知りませんでした。
amazonの説明に書いてあるのを見たら
「あ〜」
っと声が出ましたね。
意外に豪華なメンバーじゃん。

ちょっと変わった恋愛モノに興味のある”若者”にオススメです。
posted by ケン坊 at 22:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DVD】神童



 ピアノにかけるいい青春映画ですねぇ。
成海璃子・松山ケンイチ主演の映画「神童」 でございます。

 ピアノ演奏の話、つまりクラシック音楽ですね。
序盤は松山ケンイチふんするワオの音大進学に向けた練習が中心。
そのまま大学生活の話になるのかなぁ〜っと思ったら徐々に主役が移っていき後半は成海璃子扮する才能のある少女うたが中心となる。

恋愛モノになるのかなと思ったら、そのままピアノにかける思いのままエンディングまで持ち込んでいきました。
ありきたりな方向に持っていかなかったのが逆に良かったかな。

最後のシーンも実に絵になるじゃないですか。GOOD!
オイラの乏しい表現力よりもリンク先のプロの書評のほうが伝わりやすいですねたらーっ(汗)


いやぁ〜、この成海璃子ちゃんっていうのはいいですねぇ。
しゃべらなくても表情としぐさで、ちゃんと表現できてるもん。
最近偶然なんだけど彼女の作品をよく見るのね。
ハズレがないのよ。

気になったんでネットで調べたらまだ今16歳なんだね。
この落ち着きと存在感は一体なんなんだろう。
今後必ずトップを張る女優になりますね。
注目してます。
posted by ケン坊 at 21:50| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

【DVD】ゆれる



 オダギリジョー主演の映画「ゆれる」です。
 
吊り橋での女性転落は事故なのか殺人なのか。
目撃者は当事者の兄と川原にいた弟。

兄は殺人の嫌疑をかけられ法廷や接見でのやりとりに無実を信じる弟は心が揺れる。

若貴兄弟が見たら鼻で笑うような人間臭い絆の心模様。
女性監督作品ならではの繊細さがふんだんに盛り込まれています。

そして弟は意を決して法廷で、どう証言するのか。
最後まで見入ってしまいました。

 僕の中で正直、オダギリジョーさんの出る映画ってどこかシュールであまり好まない作品が多かったんですが、こういう重い作品をしっかり演じきっていて観方が変わりました。

傑作ですよ。
posted by ケン坊 at 20:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

【DVD】きみにしか聞こえない




 友人のいない内気な女子高生役リョウを成海璃子が演じています。
公園でおもちゃのケータイを拾ったことから始まるファンタジー。

フツー、おもちゃのケータイから着信音がなったら怖くなって神社やお寺でお払いしてもらいますがね、この子はちゃんと電話に出るんですよね。
どこが内気なんだろう(^^;)

電話の相手とはテレパシーのように通話するんですが、そこには1時間の時差がある。ここがミソ。

そして彼から勇気や自信をもらって成長していくわけです。
また、彼には彼女に言っていない秘密もあるんですよね。

最後は恋愛邦画お決まりのパターンで終わります。

「君はひとりぼっちじゃないんだ」

う〜ん、いいねぇ。
posted by ケン坊 at 20:43| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DVD】恋空




 全国2000万人が涙した感動作らしいです。
まっすぐな純愛を女性の視線から丁寧に描かれています。
 幸せと不幸が交互に訪れるストーリーは飽きさせませんね。
まぁ、こんな彼氏は現実にはいないでしょう。

最後はお決まりの「死=感動」のパターン。
いいかげん、こういう結末はやめて欲しいよ
posted by ケン坊 at 20:23| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

【DVD】日本沈没(2006年版)

 


 草なぎ版の日本沈没です。
小松左京のベストセラーSF小説を映画化したものです。
なぜ2006年版かというと過去に藤岡弘、で映画化されているんですよね。




いまでもスカパーでたまに放映してますが、一部しか見てないです(^^;
続きを読む
posted by ケン坊 at 13:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

【DVD】だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!




映画なのかVシネマなのかは不明なんですがね。
原作本を映像化した作品です。

 通勤満員電車の椅子取り合戦をオーバーに演出していて爆笑しましたね。
人々の行動心理を解説していて席を立とうとする人のチェックポイントとかを分かりやすく解説しています。

もちろん、ハウトゥーものじゃなくてあくまでもストーリーのある作品ですからね

恋愛物もいいけどこ〜ゆ〜ものも大好き黒ハート
posted by ケン坊 at 11:36| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DVD】炭焼喰人 ミスジ



 これ、Vシネマです。

主人公ミスジが離婚した両親の経営する焼肉屋を復興しようとする話。
この焼肉屋は赤字経営で現在はジンギスカン屋になっている設定。
後先短い父から経営権を継いだ娘が、母親秘伝のタレを使って焼肉屋を復活させようとします。

 焼肉の知識がいくつかあって勉強になるし〜、彦摩呂もどきもいていかにもVシネらしい面白い作品でしたよ。

なんか焼肉が食べたくなったなぁ
posted by ケン坊 at 11:28| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

【DVD】天然コケッコー



 夏帆ちゃん主演の映画。
夏帆といい、堀北といい、このところケータイ刑事出身女優がブレイクしてますね。
 二人とも演技がすごく良くなっていて「さすが」と思います。
まぁ、この映画は堀北さんは出てないので念のため。

 ロケ地がいいですねぇ。島根県ですか、浜田市って?
自然に囲まれ、人々の結びつきが強い古き良きニッポンって感じです。

そんな小中一体の過疎化の進む学校を中心とした「初恋」がテーマの話。
なんつ〜か、昭和の映画っぽいつくりで「○▲省推薦」とか出てきそうなくらい爽やかで甘酸っぱい中学生の恋愛ですワ。
オッサンのオイラがこんな書き方すると「キモい」って言われそうですが、こんな表現しかできないんですよ。見れば分かります。
ちなみにこの映画では死者は出ませんので安心してご覧ください。

ど〜でもいいですが武藤選手、ポスターだけの出演、さりげなく宣伝してるなぁ。初恋の相手がプロレスファンっつ〜設定なんですよ。

夏帆さんのイメージにピッタリの作品でした。
posted by ケン坊 at 19:16| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

【DVD】ただ、君を愛してる




 玉木宏、宮崎あおい主演のラブファンタジー。

お決まりの死者が出るパターン。

奇妙な三角関係で話が進むが、宮崎あおい演じる静流が健気でかわいいのだ。

 さぁ、これからってところで失踪→死となるわけだが、死を知るタイミングが(予想していたところだけど)良いとエンディングで感動するもんですね。
あやうく泣きそうになりました。

なんか、いいね!

あ〜あ、純愛したいなぁ^_^;
posted by ケン坊 at 19:29| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

【ドラマ】女子大生会計士の事件簿





 BS-iで水曜夜10時に放送しています全11回のドラマ。

原作は「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」でおなじみの公認会計士・山田真哉さん。リンク先は原作本ですね。読みやすいですよ。
文庫本も最近「DX.5」が発売された(現在頑張って読んでます)けど当然のごとくリンク先には登録されていませんでした。
著作権云々いうならamazonの最新版へリンク更新をギザ希望します。

この方は最近テレビでもコメンテーターで見かけますね。
俺より年下。う〜む、時代の流れを感じる。

 ドラマも原作に沿った内容で中々面白い。
主演の小出早織(5代目ケータイ刑事)、竹財輝之助さんがイメージにマッチしています。とくに小出さんは文庫本カバーの挿絵にそっくり。

事件を推理しながら会計の勉強もでき、恋愛も織り交ぜつつの〜、ケータイ刑事風味の味付けも入っています

docomoならi-modeのiムービーゲートで第1話が無料放送していますよ。
そんなに難しくないから気軽に見られまっせ(^^)
posted by ケン坊 at 20:02| 千葉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DVD】天使の卵





 不器用で複雑の恋愛模様を描いた映画です。
ストーリーは女性向きですね。

最近の日本映画はよく人が死にますね。
寅さんを見習って?、人が死ななくても感動を与える作品を作っていただきたいです。

 エリカ様って今どうしているんですかね。
あの若さで、素晴らしい実力があるのにもったいない。
音楽やスキャンダルに走らず映画女優として頑張って欲しいものです。
posted by ケン坊 at 10:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
レンタルCGI


全部見る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。